ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2011.06.05 Sunday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2011.05.29 Sunday

晴天続きの毎日。。

 生徒糸巻きの図

ここの所カンボジアではずっと晴天の日々が続いています。

5月の初めに雨の日が続いたので
そのまま雨期に突入かと思っていたら
そんなことはなかったかの様に青空の日々。

カンボジアの農業はまだまだ灌漑設備が整っていないので
雨期の降水量にかかっています。

もうすぐ田植えの時期なので雨がまだこないのが少し心配です。


センターの日常はというと、、、

こんなに晴れた日には生徒は外で糸巻きをします。
部屋の中より明るいので作業がしやすいのです。

私たちの使う綿の糸はレーヨンやポリエステルなどと違って
とても簡単に切れてしまいます。

生地になって糸が織り込まれると丈夫で長持ちするのですが
一本の糸の状態はとってももろく簡単に切れてしまいます。

切れた糸は一本ずつ手で結んでいきますが
結び目を小さくするのがきれいな織物を作るコツです。

彼女も今糸を結んでいる所です。

親指と人差し指で器用に結びます。

生徒糸巻きの図

写真を撮られていたことに気づいてちょっと照れた笑顔をパシャリ!









2011.05.13 Friday

大雨がやってくる!

 クロマーの糸干し

糸を植物染料で染めた後は
太陽の力を借りて色の定着を良くします。

けれどもこの季節突然の大雨がやってきます。
もうすぐ雨期が始まる季節。

空の様子がおかしくなると
生徒が織り機からいなくなります。

一人、二人と、、
あれ?みんなどこに行ったのかな?

ちょっと外に出て空を見上げて納得。
雨が降る。

生徒達は急いで洗濯物を取り込みます!

そして、急いで干している糸を取り込みます!

後ろのココナッツの木がものすごい風で傾いています。
急げ、急げ!

糸は湿ってしまうと色の定着も悪くなり
薬品を使っていないため
カビが生えてしまいます。

そうならないためにも絶対に雨にはぬれないように
両手に抱えれるだけの糸を持ち
二人とも猛ダッシュです!


2011.04.29 Friday

子育てをしながら糸紬を行う先生ソピアップ

子供を育てながら糸紬を行うソピアップ 

彼女は1児の母になった今も

訓練所で織物を行っています。

子供を育てながら

今まで続けてきた織物を

そのまま続けて行けることが出来る環境。

たくさんの生徒や先生が

自分の子供の様に面倒をみます。

私たち訓練所のスタッフは大きな家族の様です。


ソピアップの子供





Powered by
30days Album
PR