ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 伝統的な機織り機 | main | 糊を抜く作業 >>
2011.06.05 Sunday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2011.05.02 Monday

経糸に糊をつける作業

 経糸に糊をつける作業

Tau mock tiet では
綿100%の撚りの少ない単糸を使っています。

この糸はアジア綿と呼ばれ
アメリカ綿などと比べても繊維長が短く切れやすいので
工業用としてはあまり使われていません。

アジア綿の特徴としては太く、短い繊維なので
機械紡績には向いていないのですがとても弾力に富んでいます。

この糸を使って手織で織っていくには
とっても慎重に糸を扱う必要があります。

そこで経糸に糊を付けることで
織っている時の糸にかかる負担を少なくし
糸切れを防ぐことが出来ます。

もちろんでんぷんを主成分とした
植物からこの糊も作っています。
とってもいいにおいがするので糊付け作業は
お腹が空いてきます。

加工は食用として普通に家庭で用いられているものを使うことで
使用済みの廃液で環境に負担がかかることもなく、
また作り手にとっても全く害のない
日々の家事と同じような感覚で出来ます。





2011.06.05 Sunday

スポンサーサイト

Powered by
30days Album
PR