ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 糊を抜く作業 | main | 大雨がやってくる! >>
2011.06.05 Sunday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2011.05.04 Wednesday

糸そうこう

 糸ソウコウ

こちらは糸そうこう。

そうこうとは織物をする上で織物の組織を作る仕組みです。

平織りであれば、一本の経糸が緯糸の上に来たり、
下に来たりしているのを見たことがあると思います。

そういった経糸の動きを作る大切な場所なのです。

このそうこうは一本の丈夫な糸で作っていきます。
言い換えれば糸と細長い樹の枝があれば
どこでも織物の組織が作れるということになります。


もともと訓練所では金属のそうこうを使っていました。
当時は合成繊維を使っていたのであまり気にしていなかったのですが
綿100%の糸を使い始めると
糸にさびがつくことがわかりました。

なぜこんなに錆がついてしまうのか。。
壁があり建物の内と外がはっきりしている日本では
考えないかもしれませんが
訓練所の建物の中は外とあまり変わりありません。
そういった環境では錆はどうしてもついてしまうのです。


そこで糸を使ってそうこうを作る方法に切り替えました。


そうこうは経糸一本一本に
各一つずつ必要です。

気の遠くなる話ですが
ゆっくりゆっくり間違いのないように経糸にそうこうを絡ませていきます。

訓練所にやって来た生徒が、初めにつまずく行程の一つ。
真剣なまなざしで初めてのそうこう作りをしています。

生徒のそうこうに苦戦の図




2011.06.05 Sunday

スポンサーサイト

Powered by
30days Album
PR